日焼け止めと化粧下地、ファンデーションの順番は?

スキンケアにしろベースメイクにしろアイテムは正しい順番で使わないと効果が十分に得られない恐れがあります。たとえば美容液を使う前にクリームを使ってしまうと油分が肌に膜を作って有効成分が浸透しなくなってしまうのです。

日焼け止めはメイクの途中で使用する方が効果が高まる

50代化粧下地人気日焼け止め

化粧下地の後にファンデーションを塗付する順番は簡単にわかるわけですが、では日焼け止めをどのタイミングで使用するのか、正しく把握できているでしょうか?

 

日焼け止めは使う順番が難しいアイテムです。日差しが強い日に外出する際にメイクの上に塗付することもありますし、日中長く外で過ごす場合には途中で塗り足すケースもよくあるものです。

 

そのため日焼け止めはメイクの後、最後に使用するアイテムというイメージも少なくありません。

 

ただ最初から外出する予定でスキンケア、メイクを行う場合、または屋内で過ごす場合でも紫外線対策をしっかり行いたい場合には必ずしも最後の最後に使用するわけではなく、メイクの途中で使用したほうが高い効果が期待できる面があるのです。

 

この点でとくに議論されることが多いのが化粧下地の前に使うか、後に使うかです。どちらの意見もあり、現在でも結論が出ていない状況です。それだけに両方の意見の根拠を知った上で自分なりに判断することが大事です。

 

前に使ったほうがよいという意見は化粧下地の役割を重視しています。化粧下地はファンデーションの密着性を高め、ノリをよくする働きを備えています。

パウダータイプの日焼け度はメイク後に使用する

50代化粧下地人気日焼け止め

またファンデーションを落ちやすくすることでクレンジングの負担を軽減する点も大事な部分でしょう。

 

しかし化粧下地の後に日焼け止めを使ってしまうとファンデーションとの間に入ってしまう形となり、化粧下地本来の効果が十分に発揮できないのでは、との意見があるのです。

 

一方後に使ったほうがよいという意見は日焼け止めはできるだけ日差しを直接浴びる環境で使ったほうが効果が得られるという見解です。

 

たとえば紫外線吸収剤は紫外線を浴びたときに化学反応を起こすことでダメージを軽減する作用が働きます。ですから日焼け止めの上に化粧下地やファンデーションなどをたくさん塗っていると効果が弱まってしまうのでは、というわけです。

 

なお、ひとつ注意しておきたいのがパウダータイプの日焼け止めです。これを化粧下地の前に使用するとヨレやすくなるため、後に使ったほうがよいと考えられています。

 

こうした点を踏まえつつ化粧下地と日焼け止め、ファンデーションの関係を考えてみてはいかがでしょうか。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地>>

コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

ファンケル化粧下地

メイクしたてのサラサラ肌が長時間続く!汗・皮脂くずれを防ぐメイク下地
毛穴レス透明美肌キット3,200円→1,700円・税込※通販限定/お一人様1セット1回限り
(スキンケアベースブライトアップUV約3ヵ月分+マイルドクレンジングオイル約1ヵ月分・洗顔パウダー10包・泡立てネット・アクティブコンディショニングEX化粧液/乳液各2包)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー

50代化粧下地人気BA

B.Aの美容成分を配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

13時間(※)くずれない!ベストコスメ2017年化粧下地部門1位の資生堂の化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>