化粧下地でUV入ってれば日焼け止め塗らなくても大丈夫?

現在市場で発売されている化粧品の多くで重要なポイントとなっているのがUVカット効果です。紫外線があらゆるトラブルの元凶、さらには老化の原因にもなることが指摘されるようになったことでこれまで以上に紫外線対策への関心が高まっています。

日焼け止めと遜色ないUVカット効果を備えた乳液や化粧下地が増えている

50代化粧下地人気日焼け止め

これまで紫外線対策といえば日焼け止めが定番でしたが、この日焼け止めが肌に負担をかけてしまうリスクも指摘されるようになっています

 

これまで以上に紫外線対策を行ったほうがよい、しかし日焼け止めに頼ったケアはできるだけ避けたい。そんな風潮からさまざまな化粧品にUVカット効果が備わるようになっているのです。

 

とくにUVカット効果で注目されているのが乳液と化粧下地です。一般的な日焼け止めと比較しても変わらない程度の数値の効果を備えているものも多く、これらのアイテムで基本的な紫外線対策を行っているという方も多いはずです。

 

化粧下地はとりわけ肌を保護する目的をもともと備えていることもあってUVカット効果を重視して選ぶ方が多いようです。

 

また日焼け止めは化粧下地の前後に使用することが多く、化粧下地の段階でしっかり紫外線対策を行っておけば日焼け止めはごく少量、もしくは使わなくてもよいと考えている方も多いようです。

 

では化粧下地で紫外線対策を行っていれば日焼け止めは必要ないのでしょうか?たとえば使用している化粧下地に日常的な外出時の紫外線対策に必要とされるSPF30、PA+++程度の効果が備わっていれば同じ程度の数値の日焼け止めをわざわざ使用する必要はないのでしょうか?

数値が同じでもアイテムごとにUVカット効果は異なる

50代化粧下地人気日焼け止め

この点は意見が分かれているとともにUVカットの数字を判断する難しさをあらわしています。紫外線を防ぐためにはこうした数値だけでなく、使用する量も大事なポイントとなってくるからです。

 

いくら紫外線を防ぐ優れた効果を持っていても少量で肌に薄く塗布されて保護するだけだと十分な効果が期待できないわけです。

 

日焼け止めはもともと紫外線対策のために使用するアイテムなのに対して化粧下地や乳液はそれぞれ本来の役割があります。それにプラスしてUVカット効果が付け足されている形ですから、同じUVカットの数値でも効果には差がでるのです。

 

ですからSPF30の日焼け止めでしっかり日焼け対策をする必要がある日に同じ数値の化粧下地だけで外出してしまうと紫外線を防ぐことができずに肌がダメージを受けてしまう恐れも出てくるのです。

 

このように使用量という観点から見るとやはり日差しの強い日は日焼け止めが必要と考えたほうがよいでしょう。一方日常の買い物などちょっとした外出の際には化粧下地だけでも十分に防ぐこともできるのでケースバイケースの判断が求められそうです。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地>>

コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

ファンケル化粧下地

メイクしたてのサラサラ肌が長時間続く!汗・皮脂くずれを防ぐメイク下地
毛穴レス透明美肌キット3,200円→1,700円・税込※通販限定/お一人様1セット1回限り
(スキンケアベースブライトアップUV約3ヵ月分+マイルドクレンジングオイル約1ヵ月分・洗顔パウダー10包・泡立てネット・アクティブコンディショニングEX化粧液/乳液各2包)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー

50代化粧下地人気BA

B.Aの美容成分を配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

13時間(※)くずれない!ベストコスメ2017年化粧下地部門1位の資生堂の化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>