乾燥肌の人はどんな化粧下地を選べばいい?

乾燥肌の人はスキンケアだけでなくメイクにも苦労させられるものです。乾燥の影響で小じわや毛穴の開きなどのトラブルを抱えやすくできるだけうまくカバーして目立たなくさせたい一方、あまりカバー力が高いファンデーションを使ったり、厚塗りしてしまったりすると今度はクレンジングの際にダメージをもたらしてしまいます。

毛穴や小じわが気になる場合は粒子の細かな下地を

50代化粧下地人気乾燥肌向け

それだけにファンデーションの負担を和らげる化粧下地は非常に重要な選択肢となるわけですが、乾燥肌ならではの選び方にはどういったものがあるのでしょうか。

 

まず毛穴や小じわに悩まされている方は粒子が細かくカバー力に優れたものを選びましょう。肌にしっかりフィットすることで化粧下地の段階でこうしたトラブルを目立たなくさせることができるのでファンデーションの厚塗りを避けることができます。

 

ファンデーションを厚塗りしてしまうと不自然な仕上がりになってしまうだけでなく、毛穴を詰まらせるなど新たなトラブルの原因にもなりかねません。

 

それから保湿成分が配合されている製品もオススメです。化粧下地はベースメイクの役割と同時にスキンケア製品としての役割を備えている面もあります。

 

オールインワン化粧品の中にも化粧下地の役割を備えているものも増えており、美容液やクリームとの関係も踏まえたうえで選んでいくと乾燥肌そのものの改善に役立てていくことができます。

 

最近では美容成分が配合した化粧下地も増えていますから、保湿成分を中心に自分が抱えている肌トラブルの改善に役立ちそうな成分が配合されている製品を選んでみましょう。

クレンジングで簡単に落とせる方が肌への負担も少ない

50代化粧下地人気乾燥肌向け

油溶性のセラミドがもっともおすすめ、他にはヒアルロン酸やレシチンなどの成分も化粧下地で補うと効果的です。

 

あとは落としやすいかどうか。ファンデーションをしっかり密着させつつ、クレンジングで負担をかけずに簡単に落とせるようにするのが化粧下地の大事な役割。単に化粧崩れを起こりにくくするだけでなく、簡単に落とせるかどうか。

 

バリア機能が低下している乾燥肌にとっては非常に重要なポイントになるといえるでしょう。

 

もうひとつは紫外線対策として使用できるか。現在市販されている化粧下地にはSPF25〜30、PA+++程度のUVカット効果を備えたものが多いですが、必ずしも数値が高いものがよいわけではありません。

 

化粧下地は日常的に使用するものですから、日常生活の中で浴びる紫外線を防げる範囲内のものを選ぶことが大事です。あまり数値が高すぎると肌に負担がかかってしまう恐れがあります。こうした点を踏まえつつ自分の肌に合ったものを選んでいきましょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地>>

コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

ファンケル化粧下地

メイクしたてのサラサラ肌が長時間続く!汗・皮脂くずれを防ぐメイク下地
毛穴レス透明美肌キット3,200円→1,700円・税込※通販限定/お一人様1セット1回限り
(スキンケアベースブライトアップUV約3ヵ月分+マイルドクレンジングオイル約1ヵ月分・洗顔パウダー10包・泡立てネット・アクティブコンディショニングEX化粧液/乳液各2包)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー

50代化粧下地人気BA

B.Aの美容成分を配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

13時間(※)くずれない!ベストコスメ2017年化粧下地部門1位の資生堂の化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>