肌質別で知っておきたい崩れない化粧下地の選び方とは?

化粧下地はファンデーションの効果を高めつつ、スキンケアの一環として活用していくことができるアイテムです。化粧水、美容液、乳液、クリームといったスキンケアとファンデーションからはじまるメイクの橋渡しをする役割を担っていますから、自分にあった製品を選ぶことができるかどうかでメイクの仕上がりだけでなく肌環境にも大きな影響を及ぼします

乾燥・敏感肌の人は保湿成分が配合されている化粧下地を

50代化粧下地人気肌質

ですから肌質に合ったアイテムを選ぶことができるかがとても重要なポイントとなってくるのです。

 

たとえば乾燥肌や敏感肌でバリア機能が低下してしまっている場合、スキンケアだけでは十分なカバーができず、そのうえで密着しやすいファンデーションを選んでしまうとクレンジングの際に肌に負担をかけてしまいます

 

そんな時には化粧下地を使用することで肌を保護しつつファンデーションを落としやすい環境にすれば無理なくメイクを行っていくことができるわけです。自分の肌質に合わせてこうした配慮・工夫を検討しながら化粧下地を選んでいきましょう。

 

乾燥肌・敏感肌の方は保湿成分が配合されている製品がオススメです。そして粒子が細かく肌にしっかりとフィットするタイプだと厚塗りをすることなくファンデーションの効果を長時間維持させることができます。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった成分をチェックしてみましょう。

 

脂性肌の場合は皮脂対策をしっかり行うことができるかが鍵となります。やはり粒子が細かく肌にフィットするタイプがよいのですが、それ以上に皮脂を吸収してテカリや崩れを防ぐ効果に優れているかどうかをチェックしましょう。

混合肌の人は頬の状態に適した化粧下地がおすすめ

50代化粧下地人気肌質

こうした効果には余分な皮脂を固めてメイクを浮かせてしまうのを防ぐ働きがあるので脂性肌でもメイクを長持ちさせることができます。

 

そして化粧下地そのものにできるだけ油分が含まれていないほうが長持ちし、毛穴を詰まらせるといったトラブルを避けることができます。オイルフリーの製品なども出てきているので探してみましょう。

 

難しいのは混合肌のケースです。目元や口元など乾燥している部分にあわせると額や小鼻が崩れやすくなり、油分が多い部分にあわせると目元や口元に負担をかけてしまう恐れがある。

 

こうしたケースでは両者のちょうど中間に位置する頬に合った化粧下地を選び、脂っぽい部分には薄付けしてテカりを防ぐのがもっとも効果的な方法です。なお、乾燥している部分は表情の変化で肌がよく動きますから、あまり厚塗りしないよう気をつけましょう

 

こうした肌質別のポイントを踏まえておくことでファンデーションとの相性もよくなり、肌環境を改善しつつメイクの仕上がりをアップさせていくことができるはずです。
コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地>>

コスメルジュ編集部が選んだ!50代で使ってみたい化粧下地

マキアージュ ドラマティックライティングベース

マキアージュ ドラマティックライティングベース

化粧ノリが変わる!みずみずしい艶肌を13時間守るマキアージュの新化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ファンケル スキンケアベース ブライトアップUV

ファンケル化粧下地

メイクしたてのサラサラ肌が長時間続く!汗・皮脂くずれを防ぐメイク下地
毛穴レス透明美肌キット3,200円→1,700円・税込※通販限定/お一人様1セット1回限り
(スキンケアベースブライトアップUV約3ヵ月分+マイルドクレンジングオイル約1ヵ月分・洗顔パウダー10包・泡立てネット・アクティブコンディショニングEX化粧液/乳液各2包)
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

B.A デイセラムM シルキーグロー

50代化粧下地人気BA

B.Aの美容成分を配合!くすみを抑えながら艶と血色感を生み出す高級美容液下地
9,720円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

13時間(※)くずれない!ベストコスメ2017年化粧下地部門1位の資生堂の化粧下地
2,808円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>